ev水とは

ev水とは

量子生物学の分野に30年間以上の研究開発を続け、高エネルギー、高活性化した水処理技術を完成しました。

カラダの内側からお肌まで「キレイに」してくれます。

ev水処理技術の背景

  • ヒトを含むすべての動物や植物は、原子と分子の複雑な組み合わせによって構成される。その中で電子が重要な役割を果たしている。その研究領域は量子物理学、量子生物学および医学に関連する。
  • 細胞が呼吸する段階に、活性酸素、フリーラジカルが発生し、細胞に損傷を与えてしまう。また、他の異物と結合し毒素となる。
  • 人が摂取した食べ物が酸素によって燃焼し糖分となり、五臓六腑に栄養として吸収される、その過程で食品に含まれる異物はフリーラジカルと結合し、血液によって細胞に運ばれ、細胞の毒となって体内に蓄積される。
  • 生体にとって最も重要な物質は水であり、残念ながらこの命の源の水は日々汚染されている。
  • 化粧品中の有害物質は、皮膚から体に浸透し、細胞内に毒素として蓄積される。
  • 細胞の損傷が空気汚染、化学物質、過労、紫外線、タバコ、放射線などにより加速されている。
  • 加齢と共に様々な毒素は、細胞内に蓄積されつつも細胞機能の低下の原因につながり、様々な病原体となる。

ev水処理技術と効果

 

 

  • 細胞が自身の機能を果たす際に発生した化学反応は、実質的に電子の交換であり、酵素は触媒として作用し、媒体が水である。
  • 水は、浸透或は水チャンネルを通じて細胞内に入る。また、細胞自身が機能する際にも欠かせない。水の質、分子構造、エネルギー、状態などが、これらの過程に大きく影響する。

 

特殊な周波数、波形、及び特殊な炭素光を利用し、水分子の電子にエネルギーを与え、高エネルギー、高活性化した水が作られる。それと同時に、水全体の分子構造、配列も再構築される。

このように処理した水は細胞呼吸の際に、補助の役割を果たし、フリーラジカルの形成をも抑えられる。また、水の溶解析出力を最大限に引上げ、浸透性も高め、細胞内に蓄積した毒素を引出し体外に排出する。それが細胞本来の力を回復させる。